医薬品の開発はどのようにしてされるのか

医薬品は製造業の中でも利益率が高く、画期的なものを作れば世界中で利用されます。
しかし医薬品の開発には長い時間の高額な費用が必要です。まず各研究者が対象となる疾患に対して、どのように医薬品を作用されるかを決め、その作用を誘発する物質も決定します。
その物質は1だけでなく、似ている化合物も含めると数百~数千に及ぶので、最も効果が高いものを選んで派生化合物を合成します。
その後安全性などを分析するために、サルやイヌ、ラット、ウサギを使って試験します。これは前臨床試験で、基準をクリアした物質は治験に進みます。
治験では実際に被験薬を人に投与します。少数の健康な成人を対象にする「第1相試験」と、少数の患者が対象の「第2相試験」、多くの患者に投与する「第3相試験」の3つがあります。
全ての試験で有効性と安全性が認められると、厚生労働省の外郭団体である医薬品医療機器総合機構で、科学的な評価と書類の審査が始まります。
そこで承認されると、新薬として市場に出回ります。新薬の情報は、医薬情報担当者や医薬品卸を通して、医療機関や薬局に知らされます。
この情報には対象疾患や効用、安全性、副作用、使用限界量、使用してはいけない患者などあらゆる事柄が含まれています。
新薬の効用や注意事項は、医師からアドバイスをもらって社内の医薬情報担当者などに伝えます。さらに医療機関による研究会や医者の集まる勉強会、講演会を開催することで、新薬を宣伝して売上アップを目指します。
医薬品は副作用など様々なリスクを持つので、開発に成功する確率は、候補物質を見つけてから1万分の1以下とされます。市場に出るまでに最低でも10年間はかかり、20年間研究し続けることもあります。

医薬品に掛かる開発費用

現代の日本では医療保険制度があるため、病気の治療に必要な医薬品に関しては3割の負担で手に入れることが出来るようになっています。
しかしながらその本来の価格は倍以上になるわけですから、医薬品は非常に高額な商品なのです。
その背景には医薬品開発にかかる費用が莫大なものであるというような事情があるのですが、具体的にその開発費用の金額は良くわからないという人が大半でしょう。
もちろん医薬品といっても種類は数多くあるわけですから開発費用を一概に「これくらいあれば作れる」とは言えないのですが、一般的な金額目安として「新薬を一つ作るのには150億~200億円が必要になる」とされています。
一般的なサラリーマンの生涯賃金は2億5千万円ほどですから、ひとつの薬を作るためにサラリーマン60人分の生涯賃金が必要になるようなものです。
この開発費用の高さの理由としては様々なものがありますが、顕著な理由としては「作っても承認される保証が無い」ということでしょう。
医薬品を一から開発するということには並々ならぬ苦労があり、1つの薬に至るまでに作られる化合物は6000以上とも言われています。
1/6000以上の確率をくぐり抜けてようやく新薬が開発されるわけですから、コストも膨大なものになるわけです。
しかもジェネリック制度がある現在では、開発に成功してもその後ジェネリックが製造される前に可能な限り利益を出さなくてはならないという制約が存在していますから、とにかく急いで普及させなくてはならないというプレッシャーもあります。
これほどまでに高い開発費用がかかるからこそ、指先程度の小さな錠剤が何百円もするのです。
時折「こんなに小さいのだからもっと安くて良い」と言う人もいますが、薬はその錠剤のサイズで価格が決まるものではありません。
完成するまでには何百人もの開発者たちの苦労があるのです。

医薬品の販売について

医薬品の販売には資格が必要です。日本には薬事法というルールが設けられており、
有資格者がいないお店では、大衆薬と言えども販売する事は出来ません。
薬局やドラッグストアには必ず白衣を身につけたお医者さん風のスタッフが常駐していますが、彼らが居るおかけで医薬品の販売と購入が出来るのです。
薬局や大手ドラッグストアでは有資格者が広く採用されており、最近では資格の勉強をした後、別の業界から薬剤師として転職する人々も増えつつあります。
ただ、一方で薬事法に関する規制緩和も積極的に進められていて、
特に昨今、大幅にルールが変更されたのが、医薬品のネット販売に関する点です。
今でも医薬品のネット販売は禁止されている、と回答する人々がいらっしゃいますが、仕方ない事かもしれません。
実店舗の場合、有資格者がいなければ医薬品は絶対に販売出来ません。
お薬の販売イコール厳格でネット販売なんて絶対に解禁されていない、そう信じる日本人もまだまだ多いのが実情です。
実際、医薬品のネット販売が解禁されたのは非常に最近の事、それも大手ネットショッピングサイトだけで扱っているため、一般消費者の目につきにくい難点があります。
しかし、現に医薬品のネット販売は公に認められており、特に大衆的なお薬であれば、
わざわざ薬局や遠方のドラッグストアまで行く事なく購入可能です。
風邪薬や目薬、湿布や胃腸薬といった身近な体調不良のお薬から、
痔や水虫、肥満予防といったデリケートな分野の医薬品まで通販サイトから購入出来ます。
少し近所の顔なじみの店舗では買いづらいお薬も、ネット販売なら無事買えます。
さすがに顔なじみとは言え、店頭でデリケートなお薬を頼むのは勇気が要りますので、
個人情報に配慮があるネット通販サイトの方が、落ち着いてお買い物が可能です。
●睡眠にお悩みの方に適した医薬品
メラトニン
●おすすめの薬の通販サイト
薬 通販