脂肪肝の原因と肝臓機能の回復を助ける医薬品について

脂肪というと、皮下脂肪、中性脂肪があげられますが、肝臓にもたまります。これを脂肪肝と言い、現代病の一つと言えます。脂肪は小腸で脂肪酸に分解され肝臓に送られますが、糖分や資質の摂取のしすぎらば、肝臓に送られる脂肪酸も増加します。すると、脂肪酸により作られる中世脂肪が肝臓にたまることになります。この脂肪が5%を超えた場合を脂肪肝と診断されます。しかし、脂肪肝と言っても、ピンとこない人がほとんどです。なぜなら、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるくらい自覚症状が出にくいからです。そのため、症状が出た頃には、肝硬変などが引き起こされている可能性が高くなります。脂肪肝の原因は、アルコールや肥満、糖尿病などが主な原因とされています。特にアルコール性のものは、肝硬変へと進む事も多くなります。脂肪肝は、女性の場合、過度のダイエットによる肝臓の機能の低下、飲酒の増加も原因の一つに挙げられます。これらを予防するためには、食事やアルコールの見直しと共に、軽度の運動の継続も大切になります。また、肝臓機能の回復を手助けする医薬品が、ドラッグストアなどでも手に入り、オルニチンやタウリンなどを配合したものが販売されています。特にタウリンは、壊れた肝細胞を修復する働きを持っているので、積極的に摂取する事が望ましいです。これらの医薬品を上手に利用する事も脂肪肝対策には重要です。しかし、脂肪肝になった場合、ドラッグストアなどで手に入る医薬品では回復は望めません。医療機関での適切な治療が必要となります。肝臓は、特効薬はないと言われています。しかし肝臓は、自覚症状が出た時には重症化している場合もあります。普段から食事、運動、健康診断による予防が一番の特効薬と言えます。