三大生活習慣病と医薬品の関係と気圧との関連性

三大生活習慣病として恐れられるようになったがん、脳卒中、心臓病は生活習慣に根ざした様々な要因が重なることによって発症リスクが高まるとされています。三大生活習慣病に対して医薬品を用いた治療法が存在する場合も多いものの、特効薬のような医薬品が存在するわけではありません。がん、脳卒中、心臓病のいずれもそのまま死亡に至るリスクがある疾患であり、三大生活習慣病を発症しないように生活習慣を正していくということが重要視されるようになっています。三大生活習慣病の原因ともなる死の四重奏と呼ばれる疾患が高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満です。これらは互いに関わりあって多様な合併症を伴うリスクを高め合ってしまうことが知られており、特に脳卒中や心臓病のリスクを高めるのに大きな影響を及ぼしています。がんの発症リスクも高めるものの、脳卒中や心臓病の場合にはその因果関係までもが明らかとなっていることから、医薬品を用いて高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満の治療を行うということも典型的になっています。生活習慣病の入口ともなる死の四重奏の発症を予防することは三大生活習慣病にかかるリスクを大幅に低減させるものとして期待されています。血圧には気圧が影響するということも示唆されており、頭痛も低気圧によって引き起こされることもあるなど、気圧と疾患の関連性というのは医療において興味が持たれています。しかし、未だに解明が進められている段階にあり、はっきりとした因果関係が確立されていることはあまり多くありません。三大生活習慣病と気圧との関連性についても不透明な部分が多く、今後の研究による解明が求められれている分野の一つとなっています。